目の下のたるみ取り、集中ケア少し効果が出て来ました

保湿ケアは美の基本

そこで私が立てたたるみ取りケアは、やはり保湿ケアは欠かせないと思ったので、目の下の皮膚に弾力を甦らせ、ハリを出してくれるアイクリームを使うこと、衰えてしまった目の周辺の筋肉を鍛えるために、目の周り専用のストレッチを行うこと、パソコンやスマートフォンを見る時に、休憩時間をいれて目の周りの血行を良くすること、これらを欠かさずに毎日朝と夜、ストレッチ体操は昼間も行うようにして行くと、目の周りの凝りがかなり軽減されていき、仕事で目を酷使しても、あまり疲れにくくなってきたのです。
たるみが急に引き上がってきたわけではありませんが、明らかに目の周りの疲れ具合が変わってきて、表情が元気になってきた感じがしました。
ストレッチ体操は、目をぐっと閉じたり、ガッと大きく見開いたりを繰り返す簡単なものでしたが、今まであまりこういった動きはしたことがなかったので、かなり目の周辺に効いている感覚はあり、続けていくたびに肌にハリが出てきたように思えました。
また、メイクでもカバーできるということを知り、たるんでいる部分の皮膚の下がくぼんでいるので、そこに肌を膨らませるハイライトカラーを乗せてあげると、ふっくらと見えるようなので、このテクニックを使うようになってからは、以前ほど気にならなくなってきました。
このケアを根気良く続けること三か月、始める前の画像を残しておいたのですが、それと比較すると、明らかに目の周辺が明るくなってきています。
たるみが完全に取れたわけではないのですが、くすみが取れただけでも影がなくなり、パッと見た感じでは、疲れた印象は与えなくなっているようです。
会社の同僚からも、最近若々しくなってきたね、と褒められることが増えてきて、少しだけ自信を取り戻すことが出来てきたようです。
気持ちも変化してきたからか、友達の誘いも、行ってみようかなと思えるようになってきたので、久しぶりに参加して見たのですが、全然年を取らないねといってもらえて、とても嬉しかったです。
地味なケアですが、このまま継続すれば、これ以上たるみもひどくならないような気がしています。

肌の老化と目の下のたるみ | 保湿ケアは美の基本